Event is FINISHED

美術館でマインドフルネス―今の自分を紐解くきっかけ―

Description

マインドフルネス-今+ココにあること-を、実践しやすくするきっかけ発見のセッション。

はヒートテックが欠かせない、アイスの飲み物は氷を食べる、汗をかかない、思考が常に頭の中を駆け巡っている、甘いものが大好きなので砂糖の代わりにてんさい糖のスイーツを食べているetc..。 自分の日常にいつの間にか入り込んでいるクセや習慣。個人の好みや体質だと思い込んでいる現象。それらを静かに紐解く時、その一層、二層下にある「なぜ」を発見できる。それを知ることで、あなたのマインドフルネスをより深いものに。会場は、光と緑あふれる根津美術館カフェ。(5名様限定)


【内容】
・マインドフルネスで要らないもの=余分なものにはどんなものがある?
・マインドフルネスに不可欠な「自分時間」の使い方
・見つめたこと、ありますか?
-冷えと関係している、いろいろ
-冷た~いモノが好きなのは、自分の中に熱があるから…?!
-甘いものやお酒やタバコが止められない奥には何がある? etc.
・今+ココにあることが、ハピネスや満足につながるわけ
・マインドフルネスを見つけやすいモノには禅以外にたくさん♪
・Q&A


【講師プロフィール】
ニーマルヨガの創始者、ニーマル・ラージ・ギャワリ氏に師事。日本でニーマルヨガの普及に努める傍ら、古来からの師弟関係を通じての伝承にてアーユルヴェーダを学ぶ。

師の下を巣立った後は、たった一通のメールから実現したミッドタウンの「パークヨガ」や、ヨガのチャリティ基金「ヨガエイド」の日本大使を務める中で、ヨガのさまざまな流派をつなげる役割を果たす。また、ヨガに音楽とダンスの要素を合わせた「YOGA RAVE」日本版、椅子に座ったままできる「座ヨガ」などの新機軸のコンテンツ開発で、ヨガ人口のすそ野を広げる活動にも熱心に取り組む。

昨秋10月には、白一色に着飾り公共の場でフラッシュモブ的に催すディナーパーティー「ディネ・アン・ブラン」の日本初上陸を実現させるなど、ヨガ界内外でヨガ(「つなぐ」の意)な生き方を貫いている。
http://oishiinomad.com/


★現在公開中のイベント一覧★
9/17土  日本薬科大学『漢方アロマコース』の一環でアーユルヴェーダ体験講座担当
9/24土  今+ココを体感する~瞑想の手ほどき (8/20のアンコール開催)

【参加費】
2000円会場払い(釣銭のないようお願いできましたらうれしいです)
※1.美術館入口で、展覧会のチケット1,100円をお求めの上、館内カフェへお越しください。(待ち合わせ方法は、別途メールにてお申込みの方へ開催前にお知らせ致します)
※2.カフェでは、何か必ずご注文下さい。

【会場&アクセス】
・根津美術館内カフェ「NEZUCAFE」
・最寄駅:地下鉄銀座線・半蔵門線・千代田線 〈表参道〉駅
・最寄り出口: A5出口(階段)より徒歩8分/B4出口(階段とエスカレータ)より徒歩10分/B3出口(エレベータまたはエスカレータ)より徒歩10分


Event Timeline
Sun Sep 25, 2016
10:20 AM - 11:20 AM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
0925 美術館でマインドフルネス 2000円 現地現金払い
Venue Address
東京都港区南青山6丁目5−1 Japan
Directions
地下鉄銀座線・半蔵門線・千代田線 〈表参道〉駅下車 A5出口(階段)より徒歩8分/B4出口(階段とエスカレータ)より徒歩10分/B3出口(エレベータまたはエスカレータ)より徒歩10分、都バス渋88 渋谷~新橋駅前行 〈南青山6丁目〉駅下車 徒歩5分
Organizer
つなぐひと  石原来美
342 Followers